『変数とデータ型』の章(初心者のためのC#学習ノート)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

※サイト運営にサーバーは必須です※
ロリポップ! はコスパのよい初心者向けサーバーです~

変数とデータ型

この章では変数とデータ型について学びます。

変数

「そもそも変数って何?」という方は以下の記事を参照してください。(変数とは値を入れる箱のようなものです)
プログラムにおける変数の意味とは

変数を定義する方法と、変数に対して値を入れる方法は以下の記事を参照してください。
変数の宣言と初期化の方法

変数名として使用できない言葉がいくつかあります。以下の記事では、変数名に使用できない言葉を紹介します。
C#で、変数名として使えない言葉を紹介する

データ型

プログラミングにおいて、「文字」と「数字」は同列で扱うことができません。そのため、それぞれに対して異なるデータ型が割り振られています。例えるなら、「文字」と「数字」は質的に異なるので、異なる形の箱(異なるデータ型の変数)を使用する必要があります。
データ型についてまとめる

数字を扱うデータ型にfloat型やdouble型があります。この2つが、32(64)個の0と1の組み合わせで、どのように小数点のある数字を表現しているか考えます。
float型についてわかったことをまとめる
なぜdouble型が10の308乗まで扱えるか説明する

リテラルとサフィックスについて、以下の記事で言及しています。サフィックスを理解していないと、float型やdecimal型の値の初期化で、足を掬われる可能性があります。
リテラルとサフィックスについて(C#)

※そのうち書きたい記事
・decimal型がどうやって、小数点のある数字を表現しているか

関連記事

~Webサイトを自分で作ってみませんか?~

Webサイトを運営するにはサーバーが必須です。
このサイトは、エックスサーバー のサーバーを使用しています。
エックスサーバーは無料で10日間お試しができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)