データ型についてまとめる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

※サイト運営にサーバーは必須です※
~このサイトもエックスサーバーを使用しています~

データ型とは?

プログラミングにおいて、変数を使用する際に、データの入る種類を指定してあげる必要があります。

このデータの種類がデータ型です。

実際に、具体例を挙げた方がわかりやすいと思います。

例えば、整数であれば、主にint型と呼ばれるタイプのデータ型を使用します。

小数点を扱い場合は、double型がよく使われます。

文字列であれば、string型が使用されます。

int i = 3000;
double d = 20.0;
string txt = “Hello”;

例えば以下のように、文字を使いたい時に、int型で変数を指定することはできません。

//エラーが起こる
int i = “おはよう”;

データ型は大きく分けて2種類あります。

1つは、あらかじめ準備されている「標準定義データ型」

「標準定義データ型」とほぼ同じ意味の言葉として「定義済みのデータ型」「基本データ型」「組み込みデータ型」があります。

上で紹介した、int型、double型、string型は組み込みデータ型の一例です。

もう1つは、ユーザーが作成できる「ユーザー定義データ型」

「ユーザー定義データ型」として、クラス、構造体、インターフェイス、列挙型、デリゲートが挙げられます。

組み込みデータ型について

C#で使う組み込みデータ型には以下のようなものがあります。

.NET クラス 型(日本語) ビット長 範囲 
byte Byte (符号なし)バイト型 8 0 ~ 255
sbyte SByte (符号付き)バイト型 8 -128 ~ 127
short Int16 (符号付き)短整数型 16 -32,768 ~ 32,767
ushort UInt16 (符号なし)短整数型 16 0 ~ 65535
int Int32 (符号付き)整数型 32 -2,147,483,648 ~ 2,147,483,647
uint UInt32 (符号なし)整数型 32 0 ~ 4294967295
long Int64 (符号付き)長整数型 64 -922337203685477508 ~ 922337203685477507
ulong UInt64 (符号なし)長整数型 64 0 ~ 18446744073709551615
float Single 単精度浮動小数点型 32 -3.402823e38 ~ 3.402823e38
double Double 倍精度浮動小数点型 64 -1.79769313486232e308 ~ 1.79769313486232e308
decimal Decimal (高精度)10進型 128 ±1.0 × 10e − 28 ~ ±7.9 × 10e28
char Char 文字型 16 Unicode(16ビット) 文字(1文字)
string String 文字列型 16×
文字数
Unicode(16ビット) 文字列
bool Boolean (論理)ブール型 8 true または false
object Object オブジェクト型   任意の型を扱える

※1バイト=8ビット

※参考サイト:
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms228360(v=vs.90).aspx

※sbyteの頭文字のsはsigned(符号付き)のsです。一方で、uintのuはunsigned(符号なし)のuです。

これらの組み込み型は以下のように変数の宣言の際に使用します。

※言語はC#

関連記事

無料体験レッスンあり。マンツーマン形式で初心者向け。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)