変数の宣言と初期化の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

※サイト運営にサーバーは必須です※
~このサイトもエックスサーバーを使用しています~

変数の宣言と初期化の方法

変数を使う際に、まずは、データ型名前を指定します。

このように変数を使えるようにすることを「変数の宣言」といいます。

int x;

例えば、データ型がint型(整数型)で、名前が「x」の変数を宣言するには以下のように書きます。

ここで「x」の値を10にしたい場合、以下のように書きます。

x = 10;

変数に値を初めて代入することを変数の初期化と呼びます。

また、代入する最初の値を初期値と言います。

一連の流れをまとめると以下のようになります。

//変数の宣言
int x;
//変数の初期化(初期値の代入)
x = 10;

変数の宣言は同じデータ型であれば、まとめて行うこともできます。

以下の例では、x,y,zをまとめて宣言しています。

※変数と変数の間は「,」(カンマ)で区切ります。

int x, y, z;
x = 10;
y = 20;
z = 30;

変数の宣言と初期値の代入は同時に行うことが可能です。

int x = 10

以上のことを組み合わせると以下のような記述をすることも可能です。

パターン1:一遍に変数の宣言と初期化を行う

int x = 10, y = 20, z = 30;

パターン2:変数yだけ変数の宣言と初期化を同時に行う

int x, y = 20, z;
x = 10;
z = 30;

※対象言語はC#

関連記事

無料体験レッスンあり。マンツーマン形式で初心者向け。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)