代入演算子と複合代入演算子(C#)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

※サイト運営にサーバーは必須です※
ロリポップ! はコスパのよい初心者向けサーバーです~

代入演算子とは

代入演算子とは、右辺の値を左辺に代入する時に使われます。

「=」という記号を使います。

例えば、以下の場合、iという変数に値10が代入されます。

int i = 10;

ソースコード

実行結果

iの値は10

複合代入演算子

複合代入演算子とは、演算と代入を1つにまとめた演算子です。

C#では以下のような複合演算子があります。

(算術演算子との組み合わせ)

演算子  説明
+= 右辺の値を加わえる
-= 右辺の値を引く
*= 右辺の値を掛ける
/= 右辺の値で割る
%= 右辺の値で割った余り

(連結演算子との組み合わせ)

演算子  説明
+= 右辺の文字列を連結する

(ビット演算子との組み合わせ)

※ビット演算自体あまり使われないと思われるので割愛。

ソースコード

実行結果

a +=5の値は15
a -= 5の値は5
a *= 5の値は50
a /= 5の値は2
a %= 3の値は1
HelloWorld

 

a += 5;

a = a + 5;

は同じ結果になります。

~Webサイトを自分で作ってみませんか?~

Webサイトを運営するにはサーバーが必須です。
このサイトは、エックスサーバー のサーバーを使用しています。
エックスサーバーは無料で10日間お試しができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)