関連記事用プラグイン「WordPress Related Posts」の設定のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

※サイト運営にサーバーは必須です※
ロリポップ! はコスパのよい初心者向けサーバーです~

記事の一番最後に関連記事の項目を作りたくて、いくつかプラグインを入れてみた。

最終的にWordpress Related Postsというプラグインに落ち着いた。

WordPress Related Postsの設定

設定にかかわる項目は、「Basic settings」と「Advanced settings」の2つ。

「Basic settings」

Related Posts Title:タイトルの名前を変更できる。

デフォルトだと英語なので、日本語に変えたい。

「関連記事」とか「あなたにおすすめの記事」とかに変える。

Number of Posts:表示する記事の数

選択肢は多ければ多いほど、いいように思えるが、実はそうではない。

サイトに来るユーザーには常に、サイトから離脱するという選択肢を持っていると考えるべき。

あまりに多くの選択肢を提示すると、選択肢を吟味することなく逆に逃げられうる。ほどほどの数に抑える。

記事の数は、4~8ぐらいが妥当だと思う。

「Advanced settings」

Layout:レイアウトの選択

レイアウトは8種類あるので、一番よいものを選ぶ。

※私はひとまず、2列表示される「Two Columns」を選択。

CustomizeのEnable custom CSS:cssをカスタムできる

デフォルトでは、タイトルの文字が小さくパンチが弱かったので、いじくっている。また、余白が少なかったのが気がかりだったのでその点もいじった。
参考までに、私が使っているソースをのせておく。

 

Custom size thumbnails:サムネイルの画像の大きさをカスタム

レイアウトに「Two Columns」を使用した場合、表示される画像サイズは、アイキャッチ画像の生データのサイズに依存してばらつく。

気になるなら、チェックを入れてサイズを調整する。

※私は100×100で設定

Auto Insert Related Posts (or add <?php wp_related_posts()?> to your single post template):挿入箇所の制御

デフォルトだとチェックが付いており、プラグイン自体が判断して、自動挿入される。

もしも、挿入したい場所を制御したい場合は、single.phpで挿入したい場所に<?php wp_related_posts()?>を貼り付ける

不満点

レイアウトが「Two Columns」の場合、画像の下に文字が回り込むのが、少し気になる。

私のスキルが高ければ改善できるのかもしれないが……

その他関連記事プラグイン(検討したけど……)

YARPP(Yet Another Related Posts Plugin)

使っているテーマとの相性が悪かったのか、画像のサイズが変換され、横(縦)に伸ばされた画像となり気に入らなかった。

今にして思えば、設定とかいじれば、なんとかなっていたかも。

similar posts

ずいぶん更新がストップしている。
8年も前のプラグインだと、セキュリティーなどが気になる。
あと、新しいバーションに対応してくれなさそう

~Webサイトを自分で作ってみませんか?~

Webサイトを運営するにはサーバーが必須です。
このサイトは、エックスサーバー のサーバーを使用しています。
エックスサーバーは無料で10日間お試しができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)