R_generator(対応プラットフォーム)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

※サイト運営にサーバーは必須です※
~このサイトもエックスサーバーを使用しています~

R_generatorとは

素人がプログラミングの勉強がてら作った無料の乱数生成器

Unity(本来ならゲームを作るソフト)で無理やり作成。

作成した自分が言うのもなんだが、かなりしょぼいアプリ(ソフト)。

対応プラットフォーム

アプリ(Androidのみ)

※アイコンをクリックすると、Google Playでの紹介ページに飛ぶ。

アプリを開くと、以下のような感じ

一応、英語に対応している。
日本語のページ(Google Play)→
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kaen.R_generator_Free&hl=ja
英語のページ(Google Play)→
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kaen.R_generator_Free&hl=en

※iOSはアプリの登録料の負担が大きいので、公開を見送っている。

WebGL

Unityは、WebGLに対応しているので、Web上で、R_generatorを動かすことができる。

以下のリンクをクリックするとコンテンツが開く。
「R_generator(WebGL版)」

 

うまく動かない場合、もしくは、詳しい説明が必要な場合は、以下の記事を参照
Web上で乱数生成するソフト(無料)を作ってみた

PC

  • Visual Studio2015で作成したバージョン

ダウンロード→R_generator1.02

詳しい説明は→乱数生成「R_generator」(無料ソフト)

  • Unityで作成したバージョン

Windows上で動くことは確認。

レイアウトは、スマホ用のまま流用しているので、サイズが合わずかなりダサい。

※PC上で動かすなら、Unityで作成したものより、Visual Studio2015で作ったソフトの方がおススメ。容量的にも、機能的にも。

ダウンロードしたい人はおそらくいないだろうが、万が一ダウンロードする場合は、次のリンクをクリック。
R_generator_Unity(PC)

関連記事など

Androidアプリのダウンロードページ(Google Play)→
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kaen.R_generator_Free&hl=ja

~プログラミングを勉強してみませんか?~

TechAcademy [テックアカデミー] 無料の体験講座が用意されているので、気軽に体験できます。

※私(サイト主)も無料体験講座を実際に受けてみました(→感想)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)