C#でファイルを開いて結果の確認(Visual Studio)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

※サイト運営にサーバーは必須です※
~このサイトもエックスサーバーを使用しています~

はじめに

C#でのファイルの出力した後、すぐにファイルを開いて中身が見ることができるコードを書く

C#でファイルの出力(Visual Studio)という記事の続き

※この記事を書いている人間はc#の初心者で、備忘録用として書いている。プログラムはVisual Studio 2015で行った。

手順

Visual Studioを立ち上げる

Visual Studioでは、「ファイル」→「新規作成」→「プロジェクト」→「WindowsFormアプリケーション」で作成。

ファイルの名前は任意で問題ない(ここでは「WindowsFormsApplication1」)

「Form1.cs」をクリックする。

その後、ツールボックスを開いて、「Button」と「TextBox」を追加する。

※「ツールボックス」は画面左側にある。なければ、「Ctrl+Alt+X」で呼び出すか、上のタブの「表示」をクリックして、「ツールボックス」をクリックする

「TextBox」を右クリックして、「プロパティ」を選択。
以下のように変更する

(Name):textBox1(変更しない)
MultiLine:true
Docx:Bottom

Docx:Bottomは以下の写真の青くなっている部分(Noneでない方)を選択

後は好みで「TextBox」のサイズを変える

今のところこんな感じになるはず

 

作ったbuttonをクリックして、以下のようなコードを書く。

 

 

 

この部分をきちんと書き足さないと、うまく動かないので注意

「ctrl+F5」でプログラムを実行する。

コードの内容として以下のようなことを行っている

まず、「test1.txt」というファイルを作り、そのファイルの中に「hello」と書き込み、いったん閉じる。

その後、textBox1を空にした後(もしも以前開いていたデータがあった場合用の処理)、「test1.txt」というファイルを開き、textBox1に表示する。

結果はこんな感じ

無料体験レッスンあり。マンツーマン形式で初心者向け。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)