WordPressでサイトの設定を引き継ぐ方法・躓く点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

※サイト運営にサーバーは必須です※
ロリポップ! はコスパのよい初心者向けサーバーです~

はじめに

新しいドメインを手に入れて、WordPressでサイトを作る時に、もう一度0から設定をするのがしんどい。

プラグインの設定をいちいちするよりは、サイトを丸ごとコピーしてから、余計なファイルを落とした方が手っ取り早くすむ場合がある。

そこで、私は「Duplicator」というプラグインを使ってサイトごと移行した。

基本的に外部参考サイトの手順通りで、サイトの設定ができる。だが一部躓く可能性があるのでそこをきちんと説明したい。(主に自分のためのメモもかねて)

外部参考サイト:「Duplicator」プラグインを使えばWordPressのサイトを丸ごと移行できる!

一番つまづく最大のポイント

移行先のMySQLデータベースの「Host」「Name」「User」「Password」の情報が必要になる。この部分が一番よくわからなくなる可能性が高い。

duplicate2

「Host」「Name」「User」「Password」の情報は、移行先のサーバー管理情報を確認しないとわからない情報だ

もしエックスサーバーを使っている場合は、エックスサーバーで、MySQLのデータベースの確認方法という記事を参照。

「Duplicator」のバグ?

画像ファイルのタイトルに日本語が入っていると、ファイルの名前の内、日本語部分は認識されずスキップされた。

画像ファイルはきちんと移行するが、ファイルの名前が一部掛けて、結果としてサイトの画像が正しく表示されない。

アップロードしている画像が移行先にも必要ならその点に気を付ける。

移行してからサイト公開までにしておくとこと

「Duplicator」で使ったファイルの削除

installer.phpはセキュリティー上、ずっとあるとよろしくないので削除すること。(「Duplicator」からも促されるはず)

zipファイルも展開した後は用済み。あっても得することがないので消す

wp-nologin-redirectというプラグインを有効化

「wp-nologin-redirect」というプラグインを有効にすると、外部の人がサイトを見れなくなる。

全く同一のサイトが存在することは、Googleに対する評価が悪くなる。

そもそも、移行作業中の段階でのサイトはあまり見られたくない。サイトが完成するまで「wp-nologin-redirect」を有効にしておき、サイトを作り終えたら、削除すればいい。

必要ないファイルを削除

画像ファイルの削除

以下の場所に、WordPressの画像ファイルが存在。
/home/(ユーザー名)/(ドメイン)/public_html/wp-content/uploads/(西暦)/(月)

記事の削除

ごみ箱にぶち込んで、ごみ箱を空にする。

一部のページ(主に固定ページ)を使いまわす時は、これを機にリビジョンも消して、すっきりさせる、リビジョンを消すプラグインは「Better Delete Revision」などが存在

※固定ページは久しぶりに編集するとやり方を忘れている恐れがある。
「固定ページ」の「固定ページ一覧」に新たにページを作っても、サイトに反映されない。
「外観」の「メニュー」に入り、メニューを編集してから、「メニューを保存」を押す。

広告コードの張り替え、サイトの追加

ゆるゆるのASPでない限り、新しいサイトをきちんと登録しないといけない。

GoogleアナリティクスとSearch Consoleへの登録

新しサイトのGoogle アナリティクスをきちんと登録しないとカオスな状況になりうる。

忘れずに設定する。

Search Consoleは「wp-nologin-redirect」を有効にしている場合、外部から来たユーザーを追い返している状態なので、うまく設定できない。「wp-nologin-redirect」の設定をきる必要がある。

 

~Webサイトを自分で作ってみませんか?~

Webサイトを運営するにはサーバーが必須です。
このサイトは、エックスサーバー のサーバーを使用しています。
エックスサーバーは無料で10日間お試しができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)