自作PCで電源ユニットを選ぶ3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

※サイト運営にサーバーは必須です※
ロリポップ! はコスパのよい初心者向けサーバーです~

概要

初めてパソコンの自作を行いました。

その際、電源ユニットを選ぶ時に考えたことをまとめます。

電源ユニットを選ぶポイント

電源ユニットを選ぶポイントは主に3つあると思っています。

1:電源容量
2:品質(ランク)
3:ケーブルの形状

1:電源容量

電源容量とは、パソコンの各パーツに対して、供給できる最大の電力量を意味します。

個人PCなら450W~750W程度であることが多いです。

電源容量はパソコンパーツの消費電力量の2倍ぐらいのものを選ぶことが大事です。

なぜなら、電源負荷率が50%程度の時に、変換効率が最もよくなるからです。

※パソコンの消費電力は主に、CPUとグラフィックボードが占めます。細かく計算したい場合、『今すぐ使えるかんたん 自作パソコン Windows 10対応版[改訂2版] (今すぐ使えるかんたんシリーズ)』のP57が参考になります。

私は勘違いしていたのですが、電源容量が大きければ大きいほどよいというものではありません。

電源容量が無駄に大きいと、変換効率も悪くなり、余計な電気代がかかります。

2:品質(ランク)

変換効率が80%以上なら「80 Plus」というロゴが付いています。

「80 Plus」の中でも、変換効率によってさらに細かくランク分けされています。
※下にいくにつれて品質がよくなります。
・Standard
・Bronze
・Silver
・Gold
・Platinum
・Titanium

3:ケーブルの形状

以下の2つのタイプがあります。

・プラグインタイプ(着脱式)
・ケーブル直付けタイプ

プラグインタイプの場合、電源ユニットからケーブルを取り外すことができます。

一方で、ケーブル直付けタイプの場合は、取り外すことができません。

パソコンケースのスペースが限られているのであれば、プラグインタイプの方がいいです。

一方、ケーブル直付けタイプは、コネクタ部分で電力の損失が起きないので、プラグインタイプと比べて省エネだと言われています。

自分が購入した電源ユニット

自分は以下の電源ユニットを購入しました。

玄人志向 電源 KRPW-BKシリーズ 80PLUS Bronze 650W ATX電源 KRPW-BK650W/85+

【理由】
・自分が組み立てたパソコンの消費電力がおよそ300Wだったので、電源容量は2倍程度の650W
・品質(ランク)にはそこまでこだわりがないので、安価なBronzeを選択
・パソコンケースは大きいわけではないので、プラグインタイプ(着脱式)を選択

電源ユニット自身の電源コード

電源ユニットから各パーツへの電源供給用のケーブル

関連記事

目次→パソコン自作_目次ページ

~ギャンブルに絶対儲かる必勝法があるのだろうか?~

私(サイト主)はこの疑問に対して非常に興味を持ち、プログラミングで検証してみました。

このサイトを応援してもいいかなと思う人はぜひとも購入を検討してみてください。

ギャンブルの必勝法が本当に儲かるかプログラミングで検証してみた

     

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)