Wp-Insertを使った際,広告が挿入される場所を確認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

※サイト運営にサーバーは必須です※
ロリポップ! はコスパのよい初心者向けサーバーです~

はじめに

広告の挿入をサポートするプラグインの一つがWp-Insertだ。

Wp-Insertは、ウィジェット(主にサードバー)で挿入できる以外にも、「Ad – Above Post Content」「Ad – Middle of Post Content」「Ad – Below Post Content」「Ad – Left of Post Content」「Ad – Right of Post Content」という箇所に広告を挿入できる。

この記事では、Wp-Insertで記事が何処に挿入されるか確認する。

※私の使用しているテーマはXeoryBase。

使用したページ

ウィジェットのサイドバー

wp-insert-w
複数の広告をウィジェットのサイドバーに追加することは可能。

ウィジェットの投稿記事下

wp-insert-down

表示されるのは、記事のフッターのさらに下。私はここにいわゆるダブルレクタングルで広告を入れている。

※ウィジェットの「テクスト」に広告コードを貼り付ければ、全く同じことはできる。

ただ、「Wp-Insert」は、広告コードを保存して、別のものに入れ替えるといったことができる分便利。

そのため、広告を状況に応じて入れ替える場合は、「Wp-Insert」を導入するといい。

wp-insert-ab2
一番上。ただし、アイキャッチ画像より下にでる

画像の横に文字が回り込むことはない。

※画面の真ん中に広告が挿入されるわけではない。
以下のコードは、真ん中に寄せたい時に使っている私が使っているコード。(これより賢い方法がありそうな気もするが……)

「”center”」の部分は必要に応じて、「”right”」「”left”」に変更

wp-insert-left

文字通り、画像が左で、文字が右サイドで回り込む

wp-insert-right2

文字通り、画像が右で、文字が左サイドで回り込む

※一行目を<h2>タグでスタートすると、「Ad – Above Post Content」と「Ad – Left of Post Content」の差はなくなる。
(以下の画像は、上から「Ad – Above Post Content」「Ad – Left of Post Content」「Ad – Right of Post Content」

(Ad – Above Post Content)

wpinsert-ab

 

(Ad – Left of Post Content)

wp-insert-leftpng

 

(Ad – Right of Post Content)

wp-insert-right

かなり迷惑な位置の広告が挿入される。不採用。

wpinsert-midpng

 

wp-insert-below

 

記事の一番下。フッターの手前。

※個人的に3枚広告張るのは、ちょっと多いかなと思っている。将来的には、せいぜい2枚でとどめておく。3枚広告を張ると、関連記事を置いてある所までサイトの訪問者がスクロールしてくれない可能性が高まるから。

~Webサイトを自分で作ってみませんか?~

Webサイトを運営するにはサーバーが必須です。
このサイトは、エックスサーバー のサーバーを使用しています。
エックスサーバーは無料で10日間お試しができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)