知名度で測るおすすめ有名レンタルサーバーの一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

※サイト運営にサーバーは必須です※
ヘテムル は大型サイトの作成に向いています~

はじめに

今まで誰も考えてこなかった知名度という観点

サイトを作るには、サーバーが必要。
しかし、世の中には、いくつものサーバーサービスがある。 

そして、初心者は思う。
いったいどのサービスがいいのだろうか? 

サーバーを維持するコストは、そこそこでかい。
できることなら、サーバーという値段的なコストはなるべく抑えたい。

でも、安いサーバーは、サーバーの動作が不安定になりやすい。あるいはサポートが不十分というデメリットがある場合がある。

値段と機能のバランスを見て、自分に合うサーバーを選びたいと考えるだろう。 

格安サーバー、おすすめサーバー、クラウドサーバーなどを比較した記事というのは、色々な人に既に書かれている

あの記事では、「エックスサーバー 」が一番いいと書いてあったが、別の記事では「ロリポップ! 」が一番いいと書いてある。いったいどのサーバーを選べばいいのだろうかと結局よくわからなくなる。

私自身、最初は、「格安サーバーの一覧」、「おすすめサーバーの一覧」という記事を書こうと思った。だが、手垢のついた記事を書いても、よくある記事の一つに埋没するだけと考えた。今、自分が書かなくても、誰かがすでに書いた記事がある現状で、自分が書く必要性は薄い。(※暇なら書きたいとは思うが、希求度は低いだろう。)

そこでこの記事では、知名度と呼ばれる指針で、サーバーを比較していきたい

※知名度という観点でサーバーを比べている記事を、私は少なくとも見かけたことがない。

どうして知名度が高いといいのか?

なぜ有名なサーバーの方がいいのか。

理由は二つある。

一つ目:信用性

有名ということは、多くの人に愛用されているということだ。
多くの人に使われてきたということ自体が、信用性に足るサーバーという証だ。 

二つ目:サーバーの設定やトラブルの解決がすぐできる。

二つ目の理由は、有名であれあるほど、何か困った時の対応の仕方がきちんと紹介されていることが多い。

サーバーの設定の仕方がわからなくても、公式ホームページ以外のサイトで、サーバーの設定の仕方が丁寧に書かれている。

あるいは、サーバーに関連した何かトラブルにあった場合。他の人も同じようなトラブルに合った可能性が高い。で、その他の人が、どのようにしてトラブルを解決したか紹介しているというケースが考えられる。

このように、有名なサービスだと、何かあった時でも、すんなり解決できる可能性が高い。

無論、有名なサービスよりも機能的に優れていて、安いサービスはあるのかもしれない。
しかし、そのサービスがマイナーだと、何かあった時の解決の仕方がネットで調べてもわからないということが起こりうる。

だから、サーバーの設定に慣れている玄人ならともかく、初心者の場合は有名なサーバーを選んだ方が無難である。というのが私の持論。

どのように知名度を測るか?

この知名度は「Google」でよりたくさん件数がヒットした場合は知名度が高いと判断する。

詳しいルールと対象となったサーバー→有名なレンタルサーバーのリスト(知名度測定用)

結果の考察→有名レンタルサーバーの検索結果を比較

知名度の高いレンタルサーバーTOP3

1位 エックスサーバー

 

FireShot Capture 46 - レンタルサーバー 高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】 - https___www.xserver.ne.jp_

安定性や対応の早いサポートの点で多くの人から支持されている。

一番安いx10プランは、容量200GBで、900円(税抜)/月(3年分一気に契約した場合)。

上位のプランであるx20、x30へ途中から変更できるので、最初はx10プランから始めるのが無難。

10日間お試しができる。

時期によって、ドメインプレゼントキャンペーンをしているので、キャンペーン中に契約することをお勧めする。

 

2位 ロリポップ!

 

FireShot Capture 47 - ロリポップ!レンタルサーバー I 利用実績155万人突破! - https___lolipop.jp_

格安サーバーとして人気

エコノミー、ライト、スタンダード、エンタープライズの4つのプランがある。

エコノミー(100円/月):WordPressを使わない簡単なサイトでいいならこのプラン。
ライト(250円/月):WordPressを使える。データーベースであるMySQLは1つしか使えない。作るサイトが一つだけでいい場合は、このプラン。
スタンダード(500円/月):複数サイト運用するなら、このプラン。

 

3位 ヘテムル

 

FireShot Capture 49 - 高速オールSSDレンタルサーバー【ヘテムル】 - https___heteml.jp_

 

1000円(税抜き)/月。容量は256GB。HDDでなく、SSDと呼ばれる高速な記憶媒体を使っている。SSDを使って、この値段というのは安価だと思う。

 

番外(正確な測定不能) z.com

 

FireShot Capture 52 - WordPressサーバー[Z.com] - https___wp.z.com_jp_

 

なんで、測定不能と書いているかは、有名レンタルサーバーの検索結果を比較を参照

z.com for WordPress(900円/月)。10GB(SSD)。足りなくなったら、後から追加可能。転送量が無制限(人数制限はある)。

Zero(360円/月):追加できるドメインは一つなので、一つのサイトを運用する人用。10GB(SSD)
Zeta(859円/月):複数サイト運用用。100GB
Zeus(1789円/月):上級者向け。SSD容量無制限で使用

 

結果のまとめ

1位:「エックスサーバー
2位:「ロリポップ! 」
3位:「ヘテムル
番外(正確な測定不能):z.com

 

Unityコースやアプリコースあり。無料体験の申込みあり。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)