windows10で画面を自在に操るショートカットキー集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

※サイト運営にサーバーは必須です※
ロリポップ! はコスパのよい初心者向けサーバーです~

 

はじめに

ウインドウに関するショートカットキーをまとめたい。
また、ショートカットキーに対するコメントもちょいちょい挟む

※使用OSはwindows10

※デュアルディスプレイを使用している人向けに知らないと損!デュアルディスプレイ便利ショートカットキーという記事もある。

頻繁に使うショートカットキー

Ctrl+ W

アクティブな画面を一つ消せる。
※Chromeの場合、1つのタブを消せる

Alt+F4

アクティブな画面を一つ消せる。
※Chromeの場合1つのアクティブな画面を消せる

Ctrl+ Wと機能はほぼ同じだが、アプリケーションの違いで若干挙動が違う場合がある。

それと、全てのウインドウが閉じた状態で、Alt+F4を押すと、シャットダウンに関する画面がでる。

Windowsキー+ 「→」(「←」)

「左寄せ状態」⇄「元の状態」⇄「右寄せ状態」(⇄「左寄せ状態」)を行き来する。

「右寄せ状態」の状態でWindowsキー+ 「→」をさらに押すと「左寄せ状態」にいく。

デュアルディスプレイ環境でないとき、二つの画面を比較する場合や、片方からもう片方へ文字のコピペをするときによく使う。

もし、複数ウインドウが存在している中、1つのウィンドウを「右(左)寄せ状態」にしたら、次のような画面が現れる。

(下の画像の左側)

ショートカットキー1

ここで、矢印キーかクリックで選択した画面が「左(右)寄せ状態」になる

特に、片側に寄せたい画面がない場合はキャンセルできる。キャンセルしたい場合は、Escキーを押す(か移動させた画面にクリックする)。

※ただし、全てのアクティブな画面が「左寄せ状態」か「右寄せ状態」のどちからを取っているような場合は、上のような状況にならない。

※デュアルディスプレイ環境の場合、次のように移動する。
「左寄せ状態」(モニタ1)⇄「元の状態」(モニタ1)⇄「右寄せ状態」(モニタ1)⇄「左寄せ状態」(モニタ2)⇄「元の状態」(モニタ2)⇄「右寄せ状態」(モニタ2)⇄(「左寄せ状態」(モニタ1))

Windowsキー+ 「↑」(「↓」)

Windowsキー+ 「↑」で画面の最大化。解除したい場合はWindowsキー+ 「↓」で元の大きさに戻る。

Windowsキー+「↓」で画面の最小化。

ただし、Windowsキー+ 「→」(「←」)を使って、片側に画面を寄せた状態の場合は、少し特殊。

この場合、Windowsキー+ 「↑」(「↓」)で画面を上(下)半分に寄せることができる。
※もう一度、Windowsキー+ 「↑」(「↓」)を押すと最大化(最小化する)

Windowsキー+ 「→」(「←」)をうまく組み合わせると次のような画面の使い方もできる。

ショートカットキー3

Alt+Tab

アクティブウインドウの切り替えが行える。
Altキーを押しながら、Tabでアクティブウインドウは右移動、Tab+Shiftで左移動する。

Altキーを離したウインドウが最前列になる。

一つ下で紹介しているWindowsキー+Tabと機能は似ているが、Windowsキー+Tabと違って、選択する際ずっとAltキーを押した状態を維持しないといけない。

移動したいウインドウが決まっているのならAlt+Tabの方が早く移動できる。

今、どんなウインドウを立ち上げているか眺めたい場合は、Windowsキー+Tabがいい

Windowsキー+Tab

Windowsキー+Tabで、現在立ちあげているウインドウがディスプレイごとに表示される。

矢印キーかクリックすることでアクティブにしたい画面を選ぶ

もう一度Windowsキー+Tabを押すかEscキーで元の画面に戻る。

デュアルディスプレイ状況だと、Windowsキー+Tab+Shiftで、異なるディスプレイ間を行き来をする。

Windowsキー+ D

アクティブな画面を全て非表示にして、デスクトップ画面をアクティブにする。
もう一度、ボタンを押すことで、元の状態に戻る。

作業中、デスクトップの画面にちょこっと戻りたい時に使用。

似たようなボタンとして、Windowsキー+ Mが存在する。
Windowsキー+ Mは、アクティブな画面を最小化するが、Windowsキー+ Dと違いデスクトップはアクティブな状態にならない。
また、もう一度、Windowsキー+ Mを押しても、最小化が解かれることもない。
Windowsキー+ M+Shiftで元に戻せるという情報を聞いたことがあるが、私のPC(※windows10)では効き目がなかった

個人的に、Windowsキー+ Dと比較して、Windowsキー+ Mの存在価値が見いだせない。

Windowsキー+ Home

アクティブな画面以外は全て、最小化。
もう一度、押すことで最初の状態に戻る。

※便利なキー。
だが、私はほとんど使わない。
理由は、私のパソコンはテンキーの7とHomeボタンが同居しており、だいたいNumlockがONになっている。なので、Home キーを押すには、いったんNumlockをOFFにしないといけない手間があるため、あまり使用しない。

あまり使わないショートカットキー

Windowsキー+ Shift+「↑」

画面を上方向に最大まで伸ばす。

※Windowsキー+ Shift+「↓」の挙動はShift抜きのWindowsキー+「↓」と特に差はない

Alt+Space

Alt+Spaceで画面に対する操作に関する画面が出る。

画面移動2

矢印かキーボタンで操作を選ぶ
「R」:元のサイズに戻す
「N」:最小化
「X」:最大化
「C」;閉じる

※ぶっちゃけ、上で既に紹介したショートカットキーでことがすむので使わない

Ctrl+Alt+矢印キー

画面が回転する。矢印の方向が画面の一番上に設定される。

※このショートカットキーを利用して、知り合いのパソコンにいたずらすると……

内部関連記事

知らないと損!デュアルディスプレイ便利ショートカットキー
デュアルディスプレイ用のショートカットキーの紹介をしている

~Webサイトを自分で作ってみませんか?~

Webサイトを運営するにはサーバーが必須です。
このサイトは、エックスサーバー のサーバーを使用しています。
エックスサーバーは無料で10日間お試しができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)