Windows10にアップグレードした場合、回復ドライブが使えないかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

※サイト運営にサーバーは必須です※
~このサイトもエックスサーバーを使用しています~

はじめに

先に言っておきますが、すべての人が
Windows10において、回復ドライブが使えないわけではありません。

条件に当てはまるのは、Windows10にアップグレードした際に、
USBレガシーを「使用しない」と設定することで、
アップグレードに成功したパソコンです。

※Windows10にアップグレードがうまくいかないという症状が一部のパソコンで起きています。
特にWindows10のロゴが見えたがそこから先に進まないような症状の場合。
BIOSの設定のうち、USBレガシーを「使用しない」と設定することで、アップグレードに成功することがあります。

回復ドライブとは?

回復ドライブとは、Windows10には、バックアップ機能の一つ。
PCが起動できない時に使う。
あるいは、初期状態に戻したい時に使えます。

Windows10のバックアップは三つあります

  1. 回復ドライブの作成
  2. システムイメージの作成
  3. システム修復ディスクの作成

システム修復ディスクの作成→Windows7で使える機能
回復ドライブの作成→Windows8で使える機能
Windows10になって両方使えるようになりました

システム修復ディスクと回復ドライブの違いを軽く説明します。
(以下、私の解釈。もしかしたら間違いがあるかも)
回復ドライブは、システム修復ディスクの上位互換。

OSの再インストールをしたくなった場合、
システム修復ディスクでは不可能ですが、
回復ドライブがあれば、可能です。

使うメディアも異なります

  • 回復ドライブ→USBメモリ
  • システム修復ディスク→CD/DVD-R

回復ドライブを作るためにはUSBが必要です。

USBレガシーが使えないことによる問題。

USBレガシー機能を使用するということは、
BIOSレベルでUSBを認識するということです。

そして、回復ドライブを使用した復元とは、
回復ドライブの入ったUSBをBIOSレベルで読み込むことで、
パソコンの状態を復元することです。

ここでUSBレガシー機能が使用できないと、
回復ドライブの入ったUSBを認識できず、復元できません。

それじゃあ、Windows10にインストールすることに成功したのだから、
USBレガシーを「使用しない」→「使用する」
と変更し、元に戻せばいいじゃないかと思われるかもしれません。

試しました。
結果、パソコンにUSBをつけていない状態でも、
USBレガシーを「使用する」の状態だと、
そもそもWindows10は起動することができませんでした。

USBレガシーの機能を切ることで、Windows10という境地にたどり着けた場合、回復ドライブをバックアップに取るのは無意味でしょう。
おとなしく、修復ディスクを作成しておきましょう。
(でも、再インストールしたい時に、回復ドライブが使えないというのはとても不便。特にHDDが故障して、新しいHDDに入れ替えたい場合など)

パソコン状況

富士通のLIFEBOOK AH55/DC
2011年のモデル。
Windows7→ Windows10のアップグレード

※私のパソコン1台だけの検証なので、再現性は確認できていません。

まとめ

USBレガシーを使用できないパソコンの場合、回復ドライブの機能は使えない。
(対象:USBレガシーの機能を切って、Windows10のアップグレードに成功したパソコン)
※何とか回避する方法がある場合、教えてください

無料体験レッスンあり。マンツーマン形式で初心者向け。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)