『ギャンブルの必勝法が本当に儲かるかプログラミングで検証してみた』のサポートページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

※サイト運営にサーバーは必須です※
~このサイトもエックスサーバーを使用しています~

本書をお買い求めの方へ

以下のリンクからAmazonの購入ページへ飛ぶことができます。

 

ギャンブルの必勝法が本当に儲かるかプログラミングで検証してみた

質問・要望・コメントのある方へ

このページの最後にあるコメント欄に記入をお願いします。

~プログラミングを勉強してみませんか?~

TechAcademy [テックアカデミー] 無料の体験講座が用意されているので、気軽に体験できます。

※私(サイト主)も無料体験講座を実際に受けてみました(→感想)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント

  1. 西中 一平 より:

    お世話になります。
    ギャンブルの必勝法が本当に儲かるかプログラミングで検証してみた
    を投資の資金配分の参考資料として購入し、拝見致しました。大変興味深い内容でした。
    不躾で申し訳ありませんが、ソースコードを共有いただけませんか?
    勝率40%で3倍の場合にどうなるか調査したいので、共有頂けると幸いです。

  2. 西中 一平 より:

    お世話になります。
    ギャンブルの必勝法が本当に儲かるかプログラミングで検証してみた
    を投資の資金配分の参考資料として購入し、拝見致しました。大変興味深い内容でした。
    不躾で申し訳ありませんが、ソースコードを共有いただけませんか?
    勝率40%で3倍の場合にどうなるか調査したいので、共有頂けると幸いです!

    1. kaen より:

      >不躾で申し訳ありませんが、ソースコードを共有いただけませんか?
      申し訳ございませんが、ソースコードの公開は考えていません。

      >勝率40%で3倍の場合にどうなるか調査したいので

      本書の「3-1:10%投資法」の章で計算していますが、
      勝率40%で3倍は、現在の資金の10%を賭け続けるのが最適です。

      ※ケリーの公式というのをご存知でしょうか?
      (当時、本を執筆していた時、私は知りませんでした)
      この公式を使用すれば、賭けるのに最適な資金量を簡単に計算できます。

  3. 荒木 一孝 より:

    お世話になります。
    ギャンブルの必勝法が本当に儲かるかプログラミングで検証してみた
    を拝読させて頂きました。
    検証方法にロスカットの概念を加えると結果は変わるか検証する方法はありますでしょうか?例えばマーチンゲール法で何連敗でストップする等です。そのような工夫で確率50%払い戻し金額2倍のゲームで、目標金額を初期資金の2倍とした時、破綻確率が50%未満になる賭け方は存在するか知りたいです。(目標達成確率×利益-目標不達成確率×損失>0)
    また株式投資のような正確な勝率が分からない場合の検証方法はありますか?

    1. kaen より:

      コメントありがとうございます。

      >検証方法にロスカットの概念を加えると結果は変わるか検証する方法はありますでしょうか?例えばマーチンゲール法で何連敗でストップする等です。

      プログラムで検証するのであれば、パーレー法(逆マーチンゲール法)の部分が参考になると思います。パーレー法では、数連勝したら、かけ金をリセットするというロジックが含まれています。

      >そのような工夫で確率50%払い戻し金額2倍のゲームで、目標金額を初期資金の2倍とした時、破綻確率が50%未満になる賭け方は存在するか知りたいです。(目標達成確率×利益-目標不達成確率×損失>0)

      私の知る限り、存在しません。

      >また株式投資のような正確な勝率が分からない場合の検証方法はありますか?

      株式投資で検証は難しいと思います。
      FXならMT4を使用して、自分の考えたロジックが有効か検証できます。

      1. 荒木一孝 より:

        ご返答ありがとうございます。
        確認したいのですが、期待値シュミレーションにおける「勝負終了時の資金の期待値」は破綻した時の手持ち(0円)も計算に含めていますか?
        例えば99%破綻する場合、100000回の試行回数で手持ちが0円になる回数が99000回で、
        「勝負終了時の資金の期待値」の計算では(0×99000+X+Y+Z・・・)/100000(X~Zまでは1000個)という演算の処理をさせているという事でしょうか?

        1. kaen より:

          コメントありがとうございます。
          >確認したいのですが、期待値シュミレーションにおける「勝負終了時の資金の期待値」は破綻した時の手持ち(0円)も計算に含めていますか?
          含めています。
          >「勝負終了時の資金の期待値」の計算では(0×99000+X+Y+Z・・・)/100000(X~Zまでは1000個)という演算の処理をさせているという事でしょうか?
          はい。その認識であっています。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)