『制御文』の章(初心者のためのC#学習ノート)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

※サイト運営にサーバーは必須です※
~このサイトもエックスサーバーを使用しています~

制御文

制御文は主に以下の3つのカテゴリーに分けて考えることができます。

条件分岐文:条件に応じて異なる処理を行う
・if文
・switch文

繰り返し文:ある処理を繰り返し行う
・for文
・while文
・foreach文

ジャンプ文:別の地点に制御を移す
・break文
・continue文
・goto文
・return文

この章では、以上の制御文の使い方を学びます。

ただし、以下の項目は異なる章で取り扱います

・foreach文(配列の章で扱う予定)
・return文(メソッドの章で扱う予定)

逆に、制御文ではないが、以下の項目はこの章で扱います。

・条件演算子(if文と比較して紹介したため)

条件分岐文

if文は以下のような場面で使用します。
「もしもAなら処理Bを行う」
if文の使い方(if・else・else if)

case文は以下のような場面で使用します。
「パターン1なら処理A、パターン2なら処理B、パターン3なら処理Cを行う」
switch~case文の使い方を解説

条件演算子は以下のような場面で使用します
「もしもAなら値をx、そうでないなら値をyにする」
条件演算子(三項演算子)「? :」の使い方(※演算子ですがこの章で扱います)

繰り返し文

for文で記述できることとwhile文で記述できることは、重なっています。

実装したい内容に応じて、どちらがより簡潔に記述できるか考えて使い分けましょう。

繰り返し処理の回数が決まっている場合、for文で書いた方がすっきり記述できます。
for文の使い方

最低でも1回は繰り返し処理を実行したい場合はdo~whileを使用するとすっきり記述できます。
while文の使い方(while・do~while)

ジャンプ文

繰り返し文のループから抜け出す場合にbreakを使用します。
break文の使い方(goto文との比較も交えて)

繰り返し文の先頭に戻りたい場合は、continue文を使用します。
continue文の使い方

ある地点に強制的に移動したい場合は、goto文を使用します。
(ただし、goto文の使用は非推奨です。ソースコードの内容を追いづらくなるため)
goto文で実現可能なことを徹底解説

その他の話題

制御文の中身が1文だけなら、中カッコを省略できます。中カッコが省略されているソースコードを見かけた時に、首をかしげることがないようにしましょう。
制御文における中カッコの省略について

関連記事

Unityコースやアプリコースあり。無料体験の申込みあり。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)