10万回、ひたすら賭け続けるとどうなるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

※サイト運営にサーバーは必須です※
ロリポップ! はコスパのよい初心者向けサーバーです~

はじめに

※目次用の記事:ギャンブルの賭け方の種類をまとめてみた

ここ最近、様々なギャンブルの手法をc++でプログラミングして、シミュレーションしてみている。10万回勝負した後、どれだけのお金を持っているか?また、どれだけの確率で勝負ができずに破綻するか調べている。

例えば、マーチンゲール法(負けた時に2倍賭けする)などは、広く知られている手法である。もしも、マーチンゲール法で10万回勝負した時に、99%以上の確率で、勝負が続行できないことを以前確認した。

※この記事の一番最後の関連記事の項目で、これまでの結果へのリンクを載せてある

ふと、思った。

何も考えずに、ひたすら、最小の賭け金額を賭け続けるとどうなるか?

※いわば、比較用として、調べている

ルール確認

最初の所持金は1000
勝った場合も負けた場合も、1だけ賭ける

プログラム

 

変数の紹介

i_max:勝負の回数
w:賭けたお金の戻る倍率を指定。ここでは2倍を指定
p:勝率を指定。ここでは1/2の確率なので50を指定。
m_min:かけ金を指定
m_ini:最初の資金を指定
b_pro:破綻率
※ここでいう破綻率とは手持ちのお金が、賭けに耐えられない状況を意味する。借金してお金を用意することはできないとする。
i_exp: 破綻するまで何回勝負ができるかの期待値
m_exp: 勝負が終わった段階で持っているお金の期待値
k_max:試行回数。

結果

勝負回数は100000
試行回数は20000
破たん回数は32
破たん率は0.160000%
破たんするまでに行える勝負回数の期待値(i_exp)は99978.644400
破たんする直前で持っているお金の期待値(m_exp)は999.757100
破たんした時の勝負差の期待値は-0.242900

10万回勝負すれば、0.16%の確率で、すっからかんになる。
0%ではない。

関連記事

目次用の記事:ギャンブルの賭け方の種類をまとめてみた

~Webサイトを自分で作ってみませんか?~

Webサイトを運営するにはサーバーが必須です。
このサイトは、エックスサーバー のサーバーを使用しています。
エックスサーバーは無料で10日間お試しができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)