Visual Studio 2017をダウンロードする方法・手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

※サイト運営にサーバーは必須です※
~このサイトもエックスサーバーを使用しています~

ダウンロードの手順

Visual Studioをダウンロードするには、まずは、以下のMicrosoftのサイトに行く。

ダウンロード用URL:https://www.visualstudio.com/ja/

ここでは、個人であれば無償で使える「Community2017」を選択。

ボタンを押すと、インストーラーがダウンロードされるので、それをクリックする。

※私の使用しているブラウザはChrome。別のブラウザでは、もしかしたら、ダウンロードされたファイルが見つからないかもしれない。その場合は、エクスプローラーを立ち上げる(Windowsキー+E)。そして、ダウンロードフォルダから「vs_community_(数字).exe」というファイルを探す。

exeファイルをクリックすると、以下のような画面が現れるので「続行」を押す。

処理が始まり、2~3分程度すると次のような画面が現れる。

「ワークロード」の内、必要な分だけチェックする。

私は以下のものにチェックを入れた。

  • 「ユニバーサルWindowsプラットフォーム開発」
  • 「.NETデスクトップ開発」
  • 「C++によるデスクトップ開発」
  • 「Unityによるゲーム開発」

※私の主なVisual Studioの使用用途は以下の2つである。

  • Windowsのデスクトップで動くソフトの作成。言語はC#、たまにC++。
  • Unityでアプリ作成

より詳しく設定したい場合は「個別コンポーネント」からチェックする。

※「ワークロード」でチェックした分は反映されている。

必要な分チェックし終えたら、インストールボタンを押す。

必要な容量はインストールボタンの上に表示される。

何にチェックを入れるかによるが、結構な容量になることが多いので注意。
(この図では13GB)

「インストール」ボタンを押すと次のような画面になる。

待ち時間はおよそ1時間程度。

インストールが完了したら、再起動が求められる。

再起動が完了した後、Visual Studio 2017を立ち上げる。

見つからない場合は以下のように「Visual Studio 2017」で検索すると見つかる。

※Visual Studio 2017を頻繁に使う人はタスクバーにピン留めすることを勧める。頻繁とは言わないまでも時折使う人は、「ファイル場所を開く」をクリックする。ファイルを開くと、Visual Studio 2017へのショートカットがあるので、それをデスクトップに持っていくと便利である。

「Visual Studio 2017」をクリックすると、以下のような画面が出る。

アカウントがある場合は、「サインイン」をクリックする(ない場合はサインアップをする)。

※以下ではアカウントを持っていると仮定して操作を説明

「サインイン」をすると次のような画面が現れるので、登録してある「メールアドレス」と「パスワード」を登録する。

以上で操作は終わりである。

無事に完了すると、以下のような画面になる。

※下図は、Visual Studio 2015 とVisual Studio 2017のアイコンを並べて、スクショした図。アイコンのデザインは少し変わっている。

関連記事

Unityコースやアプリコースあり。無料体験の申込みあり。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)