Visual Studioをダウンロードする手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

※サイト運営にサーバーは必須です※
~このサイトもエックスサーバーを使用しています~

Visual Studioとは

Visual Studio は、平たく言えば、プログラミングが簡単にできるツール。

ちょっとした文法のミスをしても、プログラムを書いている途中で警告をしてくれるので、便利。初心者に優しい設計。

Microsoftが提供しているので、安心感がある。

しいて欠点を挙げるとすれば、ソフトの立ち上がりが遅いことかな?

Visual Studio Communityであれば、無償で使用することができる。

インストールの仕方

Visual Studioのインストールは特に難しい点はなかったはず。

ただし以下の点に注意

  • 想像以上に時間がかかる(1時間近くかかった記憶がある)
  • 想像以上に容量がある(6GB近くは最低でもある)
  • 個人であれば、無償でVisual Studio Community 2015は使える。企業の場合は、制限があるので、要確認。※次のURLなどで確認:https://www.microsoft.com/ja-jp/dev/products/community.aspx

ダウンロードページ:https://www.visualstudio.com/ja/downloads/

下の図の赤枠をクリックした後、言語は日本語を選択。後は、ダウンロードしたexeファイルを実行すればOK。

 

※注:ダウンロードサイトのレイアウトは時折変わる。

後は、特に引っかかるところはなかった気がする。

迷うとすれば、インストールの途中で、インストールの種類を「既定」か「カスタム」か選択を迫られるところだろうか?これは、後から追加できるので、理由がなければ「既定」でいいと思う。

外部で参考になる記事

ダウンロードする手順が上だけでは物足りない場合は、以下の外部記事が一番参考になる。

後で、機能を追加したくなった場合
http://qiita.com/84zume/items/72bed23914c671b61fba

関連記事

目次へ:Visual Studioでソフトを作ってみよう(初心者向け)

Unityコースやアプリコースあり。無料体験の申込みあり。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)