Unityで作ったWebGLをサーバーにアップする手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

※サイト運営にサーバーは必須です※
~このサイトもエックスサーバーを使用しています~

はじめに

Unityには作ったプロジェクトをWebGLでビルドすることができる。簡単に言ってしまえば、Web上でアプリを動かすようなことができる。

この記事ではUnityで、WebGLで出力する際に躓きそうな部分を取り上げる。

また、最終的にサーバーに自分の作ったWebGLを置いて、動かすところまで説明する。

※サーバーは、自分でレンタルする必要がある。レンタルサーバーのサービスはエックスサーバー ロリポップ! などが有名。

※私はWordPressをサイトの運営に使用している。サーバーはエックスサーバー

<躓く2つのポイント>

1つ目: Unityの初期フォントであるArialは日本語が含まれていない。そのためWebGLで出力すると、文字が消える。

解決策:Arial以外のフォントを使う。フォントを使う際は、ライセンスなどの注意書きをきちんと読む。個人的には、M+を使っている。

2つ目:作成したWebGLをどうやって、サーバーにアップするか。

コメント:1つ目の躓きポイント比べると、大した問題ではない。だが、私のようにweb方面に弱いと地味にてこずる。

1-1:M+ FONTSのダウンロード

ダウンロードページ:https://ja.osdn.net/projects/mplus-fonts/releases/62344

次のような画面が現れると思うので、リリースした日付が新しいバージョン(ファイルの数字のバッチが大きいバージョン)を選択してダウンロードする。


※万が一リンクが切れていたら、http://mplus-fonts.osdn.jp/about.htmlからダウンロードするページを探してください

その後、解凍する。

解凍ソフトは「7-Zip」を使用した。

※いつもなら「Lhaplus」を使用するのだが、対応している圧縮形式でなかったのか、「Lhaplus」ではうまく解凍できなかった。

1-2:フォントをUnityに導入

ダウンロードすると、たくさんの「ttf」ファイルがあるはず。
その中で、適当に一つ気に入ったものをAssetの下にドラッグすればOK。

ここでは「mplus-1p-medium」を使用

フォントを一つ一つ変えるのがしんどい場合は、Unityのtextのフォントを一遍に変えるソースコードがネット上に転がっているのでそれを使用する。

外部サイト(ソースコード):http://q7z.hatenablog.com/entry/2016/01/06/201607

2-1:WebGLのビルド

出力するだけなら難しいポイントはほぼない。強いて言えば、AndroidやPC向けにビルドするときと比べて、時間が数倍以上かかるので、時間をしっかり確保する必要がある。

もしも、「No WebGL module loaded」と表示されている場合は、「Open Download Page」で必要なものをダウンロードする。ダウンロードの際、一度、Unityを閉じる必要がある。

出力される画面のサイズが思っていたのと違う場合は、Resolutionの「Default Screen Width」と「Default Screen Height」を変更する。

2-2:ビルドしたフォルダのアップロード

FTPソフトを使用して、サーバーにファルダをアップする(ここでフォルダの名前は、birthday_simulator_webgl)

※FTPソフト:サーバーとやり取りするためのソフト。WinSCP、FFFTP、FileZillaなどが有名

ここではwordpressにおいてアップロードファイルが置かれる場所に入れておく(この場所に置くのが一番適切かと問われると、答えに窮する。私はwebに対する知識は多くないので……)

/home/(ユーザー名) /ict119.com(自身のサイトの名前)/public_html/wp-content/uploads

アップした場所へ飛ぶように以下のような感じのリンクを作る

 

※WebGLではAdmobは反映されない

完成したサイト→「同じ誕生日のペアがどのくらいいるかシミュレーション(WebGL版)」

一応、リンク先のサイトのコードを一部だけ載せておく。

 

※Chromeの場合、右クリックで「検証」を押すとサイトのコードを見ることが可能。

関連記事

「同じ誕生日のペアがどのくらいいるかシミュレーション(WebGL版)」

Unityコースやアプリコースあり。無料体験の申込みあり。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)