じゃんぱらで中古のZenFone2を買った時の対応について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

※サイト運営にサーバーは必須です※
ヘテムル は大型サイトの作成に向いています~

はじめに

Androidのデバック用の端末として、何がいいか考えた。

最終的に、ASUSのZenFone2が最終候補として残った。

※どうしてZenFone2にしたかの経緯は→開発用Android端末の購入を検討中

 

メーカーとして、ASUSを選んだのは、ASUSのディスプレイなどを愛用していたためだ。携帯でも間違いはないだろうという期待を込めて買った。

 

購入先

購入目的は、アプリのデバック用なので、通話目的ではない。余り頻繁に使わないので、中古で買うことにした。

「中古 ZenFone2 値段」とかググって、色々なサイトを見てみた。

最終的に、「じゃんぱら」から購入することにした。

じゃんぱらとのやり取り

サイトを見て、「ZenFone2」と検索。その後、安い順に検索結果をソートする。

まず、最初に目をつけたのは8800円程度で売られていた端末だ(ZE551ML-BK32)。色はブラック

注意書きとして液晶の4辺にムラがあると書かれていた。

そこで、メールで、色々質問した。(後半で、メールの内容をまとめてある)

例えば、以下のような質問をしてみた。

質問:「液晶のムラはどの程度目立ちますか?(人の目で見て気が付くレベルですか?)※掲載されている写真は背景の明かりがうつりこんでいるせいか、少しわかりづらいです。

返答:液晶ムラに関しましては、主観ではございますが目立つ様な色ムラではございません。四隅が若干緑がかった色ムラになっておりますが、白い背景画面時に辛うじて判断出来る様な状態でございます。よろしければ以上をご参考いただけますと幸いでございます。

メールのレスポンスは早かった。

返答が早い場合は、2時間以内だった。

遅くても、1日以内に返答がきた。

メールの返答に対して、かなり好印象を覚えた。

これらを加味して、少し悩んだ上で、この端末を買おうとした。

そこで、この端末を検索に再びかけたが、見当たらなかった。

商品番号を検索画面に打ち込んだところ、なんと「完売」の2文字

質問をして、ぐずぐず悩んでいるうちに、誰かに先を越されたようだ。

なんで、もっと早く決断しなかったんだ……とわりと後悔した。

「逃した魚は大きい」とはこのことか……

気を取り直して、再び端末を探す。

次に目を付けたのは、同じモデルだが色違いの端末(ZE551ML-GY32)。色はグレー

値段は、9980円

最初に目を付けた端末より約1000円高いが、許容範囲(予算的に)。

※(下の写真は、じゃんぱらのサイトで公開されている写真。私の買った端末だが、私が撮った写真ではない)

前回みたいに、悩んでいるうちに先を越されたらいやだったので、即決。

送料として540円払い、合計10520円

商品は、2~3日で到着した。

箱を開けてみて、端末の傷の具合を確認したが、特に目立った傷はなかった(私の目が節穴なのかもしれないが)。

商品の説明で、小さな傷があるという理由で商品状態はランクBと割り振られていた。そのため、もう少し汚れているのではないかと身構えていた。だが、それは杞憂であったようだ。

※じゃんばらでは、傷の度合いによって、ランクA~ランクDに割り振られる。ランクBは、「比較的程度の良い中古品。多少のキズ、使用感がありますが、比較的きれいな状態です」と紹介されている。

端末のスイッチを押すと、特に問題なく起動した。

現在開発しているアプリのテストも問題なく行えた。

私としては満足のいく買い物だった。

メールでのやりとり

この項目では、私がじゃんぱらに問い合わせた質問とその返答をまとめる。

※この記事をじゃんぱらの関係者が読んだ場合について
・メールのやり取りをネットで公開するのは、マナー的によくないという自覚がある。万が一、じゃんぱらの関係者の方がこの項目に対して不愉快に思われたなら、取り下げる予定。

 

質問:
箱製造番号違い、箱IMEI違いがあった場合、貴社が扱っている中古品が赤ロムである可能性はありますか?

返答:
推測になりますが修理交換等で本体が交換された等の理由により、本来の製造番号(箱記載)の物が本体と一致していない状態になっていると思われます。
尚、本端末についてはdocomo、au等のキャリア契約が絡まない商品となっておりますので、赤ロム化する事はございません。

※追記:端末(ZenFone2)に対する私の知識が不足していることがばれてしまう情けない質問であった。

 

質問:
万が一、赤ロムだった場合、何かしらの保証はありますか?

返答:
赤ロム化する可能性が無い端末となりますので本商品については赤ロム保証はございません。
じゃんぱらにてdocomo、au、SoftBank等の赤ロム化の可能性がある端末をお買い 上げいただいた場合については、永久保証とさせていただいており、通常の保証期間を過ぎた後に赤ロム化してしまった場合は返品、交換のいずれかにて対応させていただきます。
※Androidアカウントロック、iPhoneアクティベーションロックといった、ご利用されているアカウントを起因とした端末ロックについては赤ロムとは異なる為保証対象外となります。

 

質問:
OSは一度初期化していますか?
※中古のアンドロイド端末はウィルスが紛れ込んでいる可能性があるので、ウィルスへの対策を伺いたいです

返答:
Android標準の初期化を行った上、消去専用ソフトを使用して消去しております。

 

質問:
ZenFone2にバイブ機能は付いていますか?
※検索してもバイブの機能がついているかどうかわかりませんでした。
おそらくバイブ機能はつていると思うのですが、Nexsu7のようについてそうでついていない機種も存在するようなので、確認していただけると助かります。

返答:
当端末はバイブ機能も搭載しております。只今確認しました所、正常動作しております。

 

質問:
傷の状態が知りたいので、写真をとっていただけませんか?
→写真を添付したメールをいただいた

おまけ

ZenFone2は、ASUSという台湾の企業が作っている。

私がAUSU製で愛用しているのは、ASUS 薄い・軽量、USBで簡単接続、15.6型WXGA モバイルディスプレイ (厚さ8mm / 重さ800g / 1,366×768 / USB3.0 / ノングレア / 3年保証) MB168B

これさえあれば、自宅でも旅行先でもデュアルディスプレイ環境を手軽に楽しめる。

アマゾンで同じ端末の値段がどのくらいか調べたところ、一番安いところで19440円でした(2017年4月時点)。新品と比べて、約半額の値段で手に入れたことになるのか……

関連記事

※どうしてZenFone2にしたかの経緯は→開発用Android端末の購入を検討中

Unityコースやアプリコースあり。無料体験の申込みあり。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)