Visual Studioで実行ファイルの名前を変更

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

※サイト運営にサーバーは必須です※
~このサイトもエックスサーバーを使用しています~

はじめに

この記事は、Visual Studio初心者向け講座の一環で書かれた記事である。サイコロの代わりになる乱数生成ソフトが作れるようになる。

目次へ:Visual Studioでソフトを作ってみよう(初心者向け)

実行ファイルの名前の変更

今回は、名前を「Dices」から「infinity_dice」に変更する。

「Propereties」の「アプリケーション」の「アセンブリ名」を変更すればよい(下図の赤枠)。

ここを変えると実行ファイルの名前が変わる。


ついでに、既定の名前空間も変えておく。ここの部分は「アセンブリ名」と違って、半角のスペースが使えない。

※無理に使おうとすると以下のようなエラーがでる

ルート名前空間:
ルート名前空間の文字列は、有効な識別子でなければなりません。

フォームの名前を変更する

※親フォームから、フォームの名前を管理する方法は、Visual StudioでFormを追加して継承するの記事を参照してください。以下の話は、この記事を読んでいることが前提になっている。

親フォーム(Base1.cs)の22~23行目の部分で

this.Text = “infinity_dice”;

と書く。

以下が変更したコード(以前の名前もコメントアウトという形でメモしている)

 

※単一フォームのソフトであれば、Form1.csのプロパティを変更するだけで十分。

無料体験レッスンあり。マンツーマン形式で初心者向け。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)