自作PCでマザーボードを購入する際に考えた3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

※サイト運営にサーバーは必須です※
~このサイトもエックスサーバーを使用しています~

概要

初めてパソコンの自作を行いました。

その際、マザーボードを選ぶ時に考えたことをまとめます。

マザーボードを選ぶポイント

メモリを選ぶポイントは主に3つあると思っています。

1:サイズ
2:使用するCPU
3:拡張性

1:サイズ

マザーボードのサイズは以下の3つがあります。
・ATX(305mm×244mm)
・Micro ATX(244mm×244mm)
・Min ITX(170mm×170mm)

自分が使用するPCケースに収まるマザーボードを選択する必要があります。

2:使用するCPU

CPUを製造しているメーカーは主に以下の2社です。
・Intel(CPUの名前は、Core i~)
・AMD(CPUの名前は、Ryzen~)

この2つのCPUに対応するソケットやチップセットが異なります。

IntelのCPUを使用したい場合は、AMDのCPUに対応したCPUソケットやチップセットを搭載したマザーボードを選んではいけません。

また、高性能なCPUほど最新のチップセットを必要となります。

3:拡張性

・拡張スロット(PCI Express)のレーン数
・メモリスロット数
他にも色々細かいポイントはあります。

購入する際に悩んだこと

まずは、使用するマザーボードのサイズ、CPUソケット、チップセットは決めました。

それでは、どのマザーボードを購入しようかと考えた時に、あまりに多くの選択肢があり困惑しました。

同じサイズ、同じCPUのソケット、同じチップセットにも関わらず、複数の製造会社で似たようなマザーボードを販売しています。

そのため、どの製造会社のマザーボードが良いのかわかりませんでした(選択するだけの基準が自分の中ではないので)。

製造会社を決められたとしてもまだ難関は残っています。

クリエイター用、ゲーマー用などいくつかの種類があり、どれが最適か判断するのが難しいです。

購入したマザーボード

以下のような要望がありました
・マザーボードのサイズはATX
・CPUはRyzen 5 3600を購入したので、このCPUが使用できる
・チップセットは最新のもの(X570)

※Ryzen 5 3600はチップセットが最新のX570でなく、B450にも対応はしています。しかし、今後マザーボードを長く使っていくことを考えると、最新のチップを搭載したものを購入したかった。

以上の要望を満たしていて、ある程度安くて性能が高い以下のマザーボードを購入しました。

ASRock AMD Ryzen 3000シリーズ CPU(Soket AM4)対応 X570チップセット搭載 ATX マザーボード X570 Phantom Gaming 4

 

付属品

↑SATAケーブルが2本入っています。口の形状が少し異なります(下図)

説明書

関連記事

目次→パソコン自作_目次ページ

~プログラミングを勉強してみませんか?~

TechAcademy [テックアカデミー] 無料の体験講座が用意されているので、気軽に体験できます。

※私(サイト主)も無料体験講座を実際に受けてみました(→感想)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)