自作PCでパソコンケースを購入する際に考えたポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

※サイト運営にサーバーは必須です※
~このサイトもエックスサーバーを使用しています~

概要

初めてパソコンの自作を行いました。

その際、パソコンケースを選ぶ時に考えたことをまとめます。

最初に選定するパーツ

最終的に、パソコンを組み立てるためには。いくつかパーツが必要になります。

その中で、パソコンケースは最初に考えるべきパーツだと思っています。

使用するパソコンケースが確定しないと、その内部に入れるマザーボードになどのパーツが決めることができません。

先にマザーボードを考えた後に、パソコンケースが入らないといったことがあったら元も子もないので。

パソコンケースとマザーボード

パソコンケースを選ぶにあたって、どのサイズのマザーボードを入れるか考える必要があります。

マザーボードのサイズは以下の3つがあります。
・ATX(305mm×244mm)
・Micro ATX(244mm×244mm)
・Min ITX(170mm×170mm)

サイズが大きいマザーボードの方が拡張性は高いです。

高機能の自作PCを組み立てたいのであれば、ATXのサイズが入るパソコンケースを選ぶべきです。

しかし、パソコンケースは想像以上にスペースを取ります(特にノートパソコンに慣れていと)。

設置場所のスペースも加味して選ぶ必要があります。

購入する際の選定プロセス

私はパソコンは性能が高いものにしたかったので、マザーボードのサイズはおのずとATXに決まりました。

パソコンを設置する予定のスペースは高さには余裕がありますが、奥行きには余裕がありませんでした。

具体的には、奥行きを45cm以内でおさめたいと考えていました。

価格.comで検索をして、自分の要望にあったパソコンケースは以下の2つです

JONSBO U4シリーズ 左側面全面に強化ガラスを採用したATXマザー対応のアルミニウムPCケース U4S

MSI MAG VAMPIRIC 010 ミドルタワー型PCケース CS7477

 

JONSBO U4のUSBの受け口の位置が微妙だったので、MAG VANPIRIC 010を選びました。

購入したケースの写真

HDDを取り付けた後の画像

付属品

関連記事

目次→パソコン自作_目次ページ

~Webサイトを自分で作ってみませんか?~

Webサイトを運営するにはサーバーが必須です。
このサイトは、エックスサーバー のサーバーを使用しています。
エックスサーバーは無料で10日間お試しができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)