電子書籍作成の際に検証すべきデバイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

※サイト運営にサーバーは必須です※
~このサイトもエックスサーバーを使用しています~

はじめに

電子書籍を作る際、文章校正や編集作業はPCで行います。

しかし、読者がPCで電子書籍を読むとは限りません。
(というか、PCで電子書籍を読む人は少数派だと思います)

そのため、電子書籍をリリースする前に、実際の端末で確認することが重要です。

この記事では、私がどの端末で検証したか説明します。また、検証する上で気を付けるポイントを説明します。

この記事では、以下の端末に関して説明します。
・Kindle Fire(カラー)
・Kindle(白黒)
・iPhone
・Android

Kindle Previewer

実際の端末で調べる前に、「Kindle Previewer」で確認することをお勧めします。

「Kindle Previewer」は、以下のことができます。

・実際の端末を使用せずに、タブレット・携帯端末でどのように電子書籍が表示されるか疑似的なシミュレーションできる
・epubファイルを、mobiファイル・azkファイルに変換できる

Kindle Fire

カラーの画面で、電子書籍がどのように表示されるか確認する用途で主に使用。

表などがページをまたいでいる場合は、レイアウトが崩れていないか確認します。

特に、Kindle Fire側の設定で余白・行間を変えて問題ないか注意します。

※Kindle FireとKindleの違いについて

・Kindle Fireはタブレット。画面はカラー。本を読むこと以外にも、ゲームや音楽を聴くなどできる。
・Kindleは電子書籍リーダー。画面は白黒。

Kindle

白黒の画面で、電子書籍がどのように表示されるか確認する用途で主に使用。

背景色と文字が被って、見づらい部分がないか確認します。

iPhone

端末での表示を確認します。

※iOS用のKindleアプリで、mobiファイルは使用できないので注意

Android

端末での表示を確認します。

※iPhoneとAndroidを比較した時に、mobiファイルを使用できないiPhoneの方が想定外の事態は起きやすいです。そのため、携帯端末で動作を確認するのは、iPhoneを優先した方がいいです。

~プログラミングを勉強してみませんか?~

TechAcademy [テックアカデミー] 無料の体験講座が用意されているので、気軽に体験できます。

※私(サイト主)も無料体験講座を実際に受けてみました(→感想)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)