EPUBで数式を扱う方法を探してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

※サイト運営にサーバーは必須です※
~このサイトもエックスサーバーを使用しています~

3つの方法

EPUBで数式を扱いたいと思った。

しかし、それは受難の道だった。

私が、試してみた(見つけた)方法を紹介する。

1:MathMLの使用
2:Pandoc
3:Latexから画像変換

1:MathMLの使用

以下の本の230ページを参照。

EPUB 3 電子書籍制作の教科書

 

私の理解力が足りなかったのか、うまくできなかった。

2:Pandoc

とりあえず、以下のサイトのパワポを見てください。

EPUBでの数式の扱いについてまとまっているので読む価値あり。

 

このパワポで紹介されているPandocに興味を持った。

しかし、Pandocのサイトが英語だったから、面倒になってやめた。

そして、日本語で変換方法をわかりやすく書かれている記事も見つけられなかった……

私の興味は10分ぐらいが限度だったようだ。

3:Latexからの画像変換

Latexは、数式を美しく出力するのに適している。

そのため、数式が多数登場するドキュメント(pdf)を作成するのに適している。

私自身、修論を書くときにお世話になった。

そして、修論を書き終わった後は、今後の人生で2度と使わないだろうと思っていた。

再び使う日が訪れるとは……夢にも思っていなかった……

Latexから画像の出力する方法はいくつかある。

※これらの方法は、Latex(またはそれに相当するもの)がインストールされていることを前提にしている。

自分の試したツールを紹介する。

i:TeX2img
ii:LaTeXiT
iii:Inkscape

i:TeX2img

TeX2imgは以下の配布サイトから入手できます。

 

インストールしてみたが、以下のようなエラーが出てあきらめた。

ii:LaTeXiT

LaTeXiTは以下の配布サイトから入手できます。

 

インストールして、解凍しようとしたが、エラーがでた。

解凍に使うソフトを変えれば、エラーが起きずに済んだと思われる。

しかし、その時の私は、解凍に失敗した時点でやる気が失せた。

iii:Inkscape

Inkscapeは以下の配布サイトから入手できる。

 

ただこのままでは、Latexを画像に変換できない。

以下の2つの手順を行う必要がある。

1:pstoeditのインストールして、パスを通す。
2:EqTeXSvgをダウンロードして、既存のファイルを上書きする。

pstoeditのインストールして、パスを通す手順は以下のサイトを参照

 

EqTeXSvgのダウンロード手順は以下のサイトが参考になる。

 

※現在私は、Inkscapeを使用してLatexから画像を出力している。

Unityコースやアプリコースあり。無料体験の申込みあり。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)